techa1008

ROCKET NOTE

2018.07.25

macにanacondaをインストールしてJupyter Notebookを起動する

Pyhonの勉強会に参加した時、「じゃあノートブックで実際に動かしてみよう」と言われて何のことか分からなかったのでメモしておく。

ここでいうノートブックはJupyter Notebook(ジュピターノートブック)のことで、プログラムとその実行結果をノートのように記録しながら、データ分析をおこなえるツールです。

まずは、Homebrewを更新します。

SELECT ALL

brew upgrade --cleanup

pyenv(Pythonのバージョンを切り替えられるやつ)をインストールします。

SELECT ALL

brew install pyenv

インストール可能なanacondaのバージョンを確認します。

SELECT ALL

pyenv install -l | grep anaconda

最新バージョン(ここでは3-5.2.0)のanacondaをインストールします。

SELECT ALL

pyenv install anaconda3-5.2.0

anacondaに切り替えます。

SELECT ALL

pyenv global anaconda3-5.2.0

これで準備完了です。cdコマンドで作業したいディレクトリに移動し、

SELECT ALL

cd xxx/xxx/xxx

ノートブックを起動します。

SELECT ALL

jupyter notebook

ブラウザが立ち上がって、Jupyter Notebookが表示されます。

「New」から「Python 3」を選択して新しいノートブックを作成します。

ヘッダ部分のタイトルが「Untitled」になっているので、クリックして任意の名前(ここではtest)に変えておきます。

試しに「Hello world!」をプリントしてみます。「In []:」の右の領域にコードを書いて、

メニューのRun(もしくはshift+return)で実行します。

コードの下に結果が表示されればOKです。

ノートブックは、作業領域に「.ipynb」の形で保存されています。

なお、Notebookはcontrol+c ⇒ yで終了できます。