2019年4月7日

Macの初期化

フロントエンドエンジニアに転職したのを機に、Macを初期化した。

参考:MacBook初期化手順 | OSクリーンインストールやバックアップ、サインアウト方法

注意点として、もともと特殊な設定ありきでネットワークにつながっている場合は、初期化した時点でインターネットへの接続が切れてしまい、OSの再インストール(厳密にはダウンロード)ができなくなることがある。その場合は、どこか別のネット環境で再インストールすることになる。

環境設定

iCloud

いったん利用しないので、「システム環境設定」-「 iCloud」のチェックをすべてOFF。

Siri(シリ)

いったん利用しないので、「システム環境設定」-「Siri」から「Siriに頼むを有効にする」のチェックをOFF。

ライブ変換

入力の候補を推測して自動変換してくれる機能だが、どうも慣れないので、「メニューバー」の「あ(またはA)」を選択して、「ライブ変換」のチェックをOFF。

デスクトップ

右クリック(またはcontrol+クリック)から「表示オプションを表示」し、「アイコンサイズ」を40×40に、「テキストサイズ」を14に変更。

Dock(ドック)

アプリの起動は後述するランチャーアプリを使用するので、デフォルトでDockに入っているアプリはすべて削除。

「システム環境設定」-「Dock」で、

  • 「サイズ」 ⇒ ほどよく小さく
  • 「画面上の位置」 ⇒ 左
  • 「自動的に非表示」 ⇒ オン
  • 「最近使ったアプリケーションをDockに表示」 ⇒ OFF

ファイアウォール

「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」-「 ファイアウォール」からファイアウォールをON。

その他

「メニューバー」のバッテリーの残りを分かりやすくするために「割合(%)を表示」をチェック。

また、「システム環境設定」-「日付と時刻」-「時計」-「日付のオプション」の「日付を表示」をチェック。

アプリのインストール

ウィルスバスター for Mac

ウィルスバスター for Macをインストール。読み込みがブロックされるので、「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」で「許可」を選択。

Alfred(アルフレッド)

Alfredは、慣れると手放せないランチャーアプリ。設定は好きずきなので、以下は一例。

  • 「Alfred Hotkey」 ⇒ commandキーをダブルタップ)
  • 「Where are you」 ⇒ Japan

Clipy(クリッピー)

Clipyは、やはり慣れると手放せないコピペ強化アプリ。

SCROLL REVERSER(スクロールリバーサ)

SCROLL REVERSERは、スクロールの向きをこまかく設定できるアプリ。Macはデフォルトだとマウスのスクロールの向きがWindowsのそれと逆なので、起動後に「メニューバー」-「SCROLL REVERSER」-「設定」から、「スクロールデバイス」のチェックを「マウスを逆にする」だけにして揃えておく。

なお、Alfred、Clipy、SCROLL REVERSERは、いずれもMac起動時に同時に起動して欲しいので、「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」の左下「カギ」を解除して、「プライバシー」-「アクセシビリティ」で各アプリにチェックを入れておき「カギ」を閉じる。